いそめまゆの主婦日記

育児、家事についてかいてみたり。

いそめまゆの主婦日記

1歳娘に卵アレルギー発症?

最近1歳の誕生日を迎えた娘。

生後6ヶ月辺りから母乳+離乳食をスタート。

最近では食べることにも慣れて色々な食材にチャレンジしてきました。

 

そして先日、今まで食べた事のないオムライスを2、3口食べさせたのですが、食後30分程して寝ている間に嘔吐。

その数分後に両まぶたが蚊に刺されたかのように腫れてきました。

 

これはアレルギーだと直感しました。

オムライスはあげたことがなかったから、きっとこれだと。

 

すぐに救急相談に電話をかけて

休日でも小児科医のいる病院を探してもらい、そこへ向かいました。

(この日は日曜日で夜間のため。)

 

そうしてる数十分の間にも症状は悪化。

まぶたはパンパンに腫れ上がり

顔も体も蕁麻疹で真っ赤。

耳も腫れでかなり大きくなってしまいました。

 

病院へ着いた時が1番ひどい状態でした。

 

具体的な症状を話すと、お医者さんはすぐにアレルギーだと確信していました。

アナフィラキシーということで急遽入院。

 

卵白はハードルが高いということで、もっと慎重になるべきでした。オムライスをあげたことを激しく後悔。

 

それから抗アレルギー剤を投薬してもらい、私も付き添いで入院。

上の息子は1人になってしまうため、旦那は休みを取ってもらいました。

 

幸い血中酸素濃度は正常。

症状は重い方でしたが呼吸に問題はなくてよかった。

 

それからレントゲン撮影。

仰向けになりネットのような物で拘束されている娘。そして私は放射線を浴びないよう退出。

もちろんギャン泣きでした。

 

中から聞こえてくる悲鳴のような泣き声でそわそわ。

落ち着いて座ってもいられなかった💦

 

そして病室では血中酸素濃度をはかる機械を足につけるのですが、

これをつけては娘が気になって外し、

つけては外すの繰り返しでノイローゼになりかけました。笑

毎回ナースコールで看護師さんを呼び出すのも申し訳ない気持ち。

 

 

翌朝にはまぶた以外の腫れが完全に引いていました。

よかった···!

採血をしてもらい、2日目でなんとか退院できそうです。

 

初めての入院で少し混乱しましたが命に別状はなくてよかった。

 

 

退院後は薬を飲みながら様子見だそうです。

一週間後に外来でみてもらうまでは卵、新しい食材にチャレンジはやめてくださいとのことでした。

 

なんだか離乳食をあげるのが怖くなってしまった。

卵除去になるのか等すごく不安。

食べることが楽しいことだと、娘に伝わるよう

私も努力しないと。